早漏情報局 | スーパーカマグラ・リドカイン・ダポキセチン | 早漏改善に有効な方法と原因(肉体・精神)を分析・説明します

早漏というのは、簡単に言えば自分の意するところではないタイミングで射精をしてしまうことです。

早漏と遅漏について

早漏と遅漏について 早漏というのは、簡単に言えば自分の意するところではないタイミングで射精をしてしまうことです。
よく聞くのが3分の間に射精をしてしまう、というのが一般的な定義ですね。
5分も保てばバンバンザイ!いずれは10分は保たせてみたいな~という夢を見る人もいるのでは?
また逆も然り。遅漏でも悩む人がいます。
遅漏というのは、先程挙げた早漏とは逆で、なかなか射精感を迎えずに、いずれは中折れをしてしまう事もあります。

早漏で悩む人は遅漏を羨ましく思い、遅漏で悩む人はもう少し早く射精を迎えたいと考えるものです。
数々の克服情報がインターネットサイトにありますが、試そうと思うけど本当に効くのか分からない。
本当に様々あり、何が自分にあっているか分からないですよね。
また、それを試し結局意味がなくて時間やお金を無駄にしたりしたら…そういう思いも自分へのプレッシャーとなったりします。
ですが思い悩む前にまず行動をすることも大切かと思います。

早漏と包茎(皮)の関係性

まずは早漏について、肉体的な原因としてはペニスの刺激に弱いということ。
亀頭が露出していない真性包茎などは、最もな例でしょう。
これは手術が出来ますので、衛生面での意味としても手術はするべきだと思います。
仮性包茎の場合も亀頭が出ていませんので、早漏になりやすいです。
こちらは包皮を剥くように心掛けていけば、ある程度は刺激に強くなるでしょう。
私はそうやって多少の克服をしてきたと自負はしています。中学生高校生の頃に…
それとパートナーがいる場合は、そのプレッシャーによって自分を追い込んでるフシがあるので、どうしてもそこに気持ちがいきがちで射精…というケースが多いみたいです。

遅漏とマスターベーションの関係性

遅漏とマスターベーションの関係性 遅漏は刺激に慣れ過ぎるのが多くの原因かと思います。
主に言われていることが、マスターベーション時にペニスを強く握っているため、手の圧力に慣れ、それが原因で遅漏になってしまうケースがあります。
そしていざセックスの機会を迎え挿入…なのですが女性の膣の圧力の方が、マスターベーションでペニスを握っていた時よりも刺激が弱いため、物足りず射精を迎えずに結局中折してしまう…そんなパターンが多いかと思われます。
強く握る意識を無くしてみることと、自慰行為を控えてみるのも改善方法としてあります。