早漏情報局 | スーパーカマグラ・リドカイン・ダポキセチン | 早漏改善に有効な方法と原因(肉体・精神)を分析・説明します

2008年アメリカでの学会で定められた3つ定義がある中で1つでも当てはまれば早漏です。

早漏チェック

早漏チェック 早漏、早漏とよく言いますが、じゃあ早漏ってのはなんなんだい?どういうことが早漏なんだ?
どのくらいの時間で早漏になるんだろう?案外考えた事ってないですよね?

実はその定義というのが2008年のアメリカでの学会にて定められたようで、3つ定義がある中で1つでも当てはまれば早漏ということになるようです。

1.膣に挿入する前、または挿入して1分以内に射精してしまう。

2.膣に挿入後、自分の意志で射精を遅らせることが出来ない。

3.十分な挿入により相手を満足させることができないために、セックスが苦痛、フラストレーションに感じる。

以上3つが早漏の定義となります。
しかし日本では昔から言われている3分以内に射精をしてしまう事が早漏の定義とされてきていましたので、かなり短い時間が公式のケースになったと思います。
これである意味では、思い悩む事も減ってくるのではないでしょうか?
とはいえ、パートナーが果たして3分で満足するのだろうか?
それにより満足させることが出来ず、いつも不満を言われ、それがストレスとなっていき苦痛を感じる…このように発展していくケースも考えられます。

もしもこの定義に1つでも当てはまった場合は、治療の検討をするべきと推奨されています。
また、全て当てはまった場合などは、確実に早漏といえます。ぜひ医療機関へ行くべきでしょう。

主流の早漏改善策

現在の治療法は主に内服薬です。
以前だとトレーニングや手術などで改善をしてきましたが、内服薬ですと気軽に治療が出来て、かつ通常の射精時間よりも3~4倍ももたせるということが容易です。
副作用もあるのですが、気をつけて服用をすればまず問題は無いと言って良いでしょう。
その辺りも医師と確認を行ない、使用していきます。

このように公式のような定義もありますし、今はアプリなどでもチェックが出来ますので、自分が早漏では?と思ったら一度使用してみるのが良いかもしれません。
より細かい精神的一因も含まれており、解決への糸口となるかもしれません。
恥ずかしがらずに己を晒すことが、大きな治療法ではないでしょうか?