早漏情報局 | スーパーカマグラ・リドカイン・ダポキセチン | 早漏改善に有効な方法と原因(肉体・精神)を分析・説明します

リドカインのスプレータイプ医薬品であるリドスプレーは、適量をスプレーするだけでいい。

リドカインの正しい使い方

リドカインの正しい使い方 ここ数年、早漏防止薬の内服薬であるプリリジーが知られてきて、早漏で悩んでいた諸君らも随分と気が楽になったのではないだろうか?
だが、今まで使用されてきていた外用薬も未だに健在である。
やはりすぐに効果が表れるのは非常に有用であり、せっかちな者にとっては外用薬がまだまだ手放せない!という思いでいるのではないだろうか?

内服薬、プリリジーの有効成分はダポキセチンという成分であるが、外用薬の有効成分はリドカイン。
リドカインは、キシロカインとも呼ばれ局所麻酔として有名である。
本来の使用方法は、痛みや痒みへ使用しそれを抑えることが正しい使用方法である。
しかし誰が最初に使ったのかは、誰だか分からないけれども、早漏防止のためにペニスへ直接塗布し、皮膚の間隔を麻痺させ意に沿わぬ射精を防ぐ。
局所麻酔を直接塗布するのだから、刺激を軽減することとしては非常に理にかなっている。

使用方法の例をあげると、リドカインのスプレータイプ医薬品であるリドスプレーは、適量をスプレーするだけでいい
塗布する時間と量を調節することにより効果が変わるので、使っていくうちに把握できるであろう。
また、塗布後10分以上経過してから、必ず洗い流すことが重要である。
行為に及ぶ場合、パートナーへ付着してしまうので、パートナーの間隔を鈍らせてしまうことになる。
洗い流すことに不安も感じるであろうが、麻酔効果が表皮より浸透しているのでその心配は無用だ。ただし必ず10分はそのままでいること。
副作用は頭痛やめまいをもたらすことがあり、塗る場所もペニスのみに塗布し睾丸へは使用するべきでないと言われている。

リドカインを含有している他の製品も同じように適量を塗りこみ、洗い流すという動作は同じなので、今まで使っていた商品とは違う商品を購入する場合も応用が効く。
その点も内服薬とは違う手軽さではないだろうか?
服用する時間がない場合、いざという時に一本持っていても損はないであろう。ぜひその効果を確かめて欲しい。